【Gal's Atouchment】Mini Album「Gal's Atouchment」

¥ 2,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円

Gal's Atouchment Mini Album「Gal's Atouchment」
2016.06.25 Release

1. Lovely Lingerie
2. K子
3. In the Mood
4. Sorry
5. Hello Lady
6. Holiday (直次郎/ Taki)

全6曲、ミニアルバム。
フルオリジナルメンバーによる、再録音源。
ブックレット3ページ。フルカラー。

Gal's Atouchment are.
Vocal 島田 直次郎
Guitar 多喜 則光
Bass 内田 信也
Drums 熊田 央


時は、遡ること今から35年前、忘れもしない1981年の事。
当時、僕は、原宿セントラルアパートの地下、原宿プラザの東綸という、PUNKSHOPの店長という立場で勤務をしていた。記憶はまだ鮮明に残っている。そこで、出会ったのが多喜氏。
赤く染め逆毛を立てた風貌と、それとは、真逆な落ち着いた紳士で、小田原から来ていて、JACKETのオーダーを何着もしてくれ、僕にとっては大事な顧客であり、音楽の話などもしながら、自然と交流が深まっていった。
そんなある日、多喜氏から彼のバンドのTAPEを渡された。
それが、Gal’s Atouchmentである。当時は空前のLONDONブームでPUNK一色の時代から、PUNKもHARD COREからポジティブPUNK、STRAY CATSなどのロカビリー、NEW WAVE、MOTOR HEADやMSGなどのHEAVY METAL、それぞれ、様々なスタイルに細分化されMTVなどの影響もあり、現在では考えられないほど若者の間で、ファッションともリンクし音楽がライフスタイルに密着していた時代であったのだ。
そんな音楽シーンのなかで、僕にとっては、多喜氏から渡された1本のTAPEは、あまりに衝撃的だったのだ。
その恐ろしい程のテクニック、完成された楽曲、メロディ、誰とも類似しない音楽的な個性。圧倒された。
メンバーはGuitar 多喜氏、Vo 島田氏、Bass 信也君、Dr 熊(通称)、それぞれが、卓越した技量と個性、パフォーマンスを持っている。
Dr の熊氏は恐らくJAZZに影響をかなり受けていると思っていた。
ジンジャー ベイカーを彷彿させる、単なるロックドラマーでは無い。
Bassの信也君は、ダウンピッキングで、手数の多いフレーズでも涼しい顔をしてライブではSTEPを踏みながら演奏をしていた。(本当に当時驚いた)。
Vo 島田氏は独特な声質、声量、ステージアクト、歌詞はブルース風のダブルミーイングを踏む Love Song、唯一無二な存在。
Guitar 多喜氏については、皆様に改めて伝える事はないだろうレジェンドである。
作曲は多喜氏のライティングが殆どであろう。そんな、伝説のバンドが過去の名曲を新しくレコーディングしCD音源になると言う。それもオリジナルメンバーで。
記念LIVEも有るとのこと。
にわかには信じられないが、待ったかいが有った。 Gal’s Atouchment 新たなSTARTである。
佐藤 慶也

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する